チェリスト渡辺靖子のブログ
<< レシタティーヴォは生きている | main | 横浜OMP2008、終了! >>
シルヴァーノ
Silvanoレシタティーヴォ部分ですばらしいフォルテ・ピアノを聴かせてくれるシルヴァーノ。「通奏低音チームとして、一緒に良いものを作ろう!」と、常にフレンドリー&ポジティヴなので、励まされます。歌手のお芝居のタイミングによって彼の即興が入るのですが、直前のアリアから動機を借りてきたり、カロリーナの妊娠をほのめかすシーンでの「子守歌」の挿入、手紙を破る音、ジェロニモのコーヒーが喉を通過するような下降形だとか、遊び心いっぱいで本当に楽しい人です。
Posted by : cocoaforest | - | 21:23 | comments(0) | trackbacks(0)
コメント









この記事のトラックバックURL
http://cello.yasukowatanabe.com/trackback/824962